古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

2014東北キャンプツーリング最終日(木賊温泉)

  • URLをコピーしました!

今回も梅雨前に行った東北一人旅を思い出してみることに・・・。

福島県もにわの湯でテントを張り午前3時過ぎに目が覚める。

テントを通して空が明るくなったので目が覚めました。

ビジネスホテルにあったアップルティーのパックでモーニングティータイム。

しばし、ひんやりと静かな空気を楽しむ。

荷造りを終えてなごり惜しいが出発。

本日も計画なしのぶらり旅。
とりあえずは磐梯山をのぼろう。

新緑の磐梯山スカイラインは、貸切状態でした。
ゆったりとトイレ休憩をする。

今回は、一人で来ました。
思い出の磐梯山に。

その後は、何の計画もない旅。

ツーリングマップを覗いては磐梯山を後に南下する。

昨年の今頃に飯盛山には上ったので
今回は鶴ヶ城に行くことに。
鶴ヶ城を出てとりあえず南下。

少し早い昼食を食べ走り出すと、そこは大内宿。

この風景でやっと気が付きました。

大内宿を後にしてとりあえず温泉を目指す。

なんとも気持ちのいい風。

途中で露天風呂の看板に誘われ入ってみる。

受付には、堀北真希似の女の子が退屈そうに番をしている。
言われたとおりにお風呂に向かうと・・・・

・・・ありっ?
露天風呂って書いてあったような・・・

風呂から見えるこの看板が憎らしい。
その後、そそくさと出てバイクを走らせると川沿いに露天風呂が。
どうやら堀北真希ちゃんの説明が足りなかったようです。

とりあえず、山越えをして群馬に抜ける構想ができてくる。

温泉地をめぐる。
まずは湯の花温泉

ここは、しばらくお休みらしい。
次にむかったのは

木賊(トクサ)温泉の岩風呂。

今度は期待できそうです。
木漏れ日の小道を下ってたどり着くと

これぞ求めていた風景。
川沿いの露天風呂。

先客が一人岩の上でくつろいでいました(^^)

これです、これを求めていたんです!
サクッとブーツと服を脱ぎ、たぷんとはいると
あっちー!!
45℃くらいあるでしょうか?
ぶらぶらさせながら目の前の川に手を入れると
思ったよりも冷たくない。

ぬるい。
真夏なら川に入るのもありかな。

一応、女性も入れますが男性は湯船の目の前が脱衣所ですので
当方は自信がなくはずかしい(^^ゞ

さて、温泉を後にして林道を走る。
山深くなってくると空気が冷たい。

どうやら前方に見える雪山が帝釈山で
その山の馬坂峠を越えて栃木、群馬に抜けるらしい。
とにかく突撃。この気軽さがDトラのいいところ。
と、そこに立ちはだかる看板。

自己責任で通過。
わくわくしながら林道を上っていく。
カッコーの鳴き声の中をトコトコとDトラが行く。

雪解けが大きな水しぶきを上げている

ビックタンクのお蔭で燃料の心配はない。
とにかく前進する。

途中、雪崩を避けて!?

気が付けばDトラがラリー車っぽくなっている。

少し肌寒さを感じながらゆっくりと上ると峠に到着。

ここから栃木、群馬へと下っていく。
が、100mほど下ると・・・

雪が道路を覆っている。


Dトラを降りて前方の様子を見に行くと
どこからともなく甲高いエンジン音が。

栃木側から上ってきたオフ車の二人が1台を二人がかりで必死に押すがズルズルと谷側へ滑っている
自分もヘルプに加わり汗だく雪まみれになってバイクを押してやっとの思いで1台を通過。
お二人の話では峠付近の100m位の区間だけが雪で覆われていたとのこと
(6月初旬の話です)

お二人と峠で別れ自分はゆっくりと来た道を下る
迂回の距離が50km以上になってしまうが仕方がない
国道352で新潟に出て関越自動車道に乗って日本海側から名古屋を目指すことに

くねくねの細道を快走して
付いた先には・・・

福島から出れましぇ~ん!!
どうするんだ?
残るルートは東北自動車道まで出て東名高速で帰るしかない
しかし、日が傾いて来ている
家に着くのは夜中だな・・・
と、いうことで絶望に打ちひしがれて延々と来た道を戻る
やっとの思いで山を下りてトイレ休憩をすることに

今度はいつ福島に来れるだろう?
そんな思いでトイレに歩くと

・・・・?

お!お~っ!
ここは、あの時のトイレでは!
15年ほど前の夏の東北野宿の旅
3peiさんと900Ninjaで雨の夜の山の中を走っていて
どうにも睡魔が襲ったのでここで雨宿りをしながら寝たのです

大先輩である3peiさんが私にベンチの奥の方を譲っていただき
自動ドアの開閉の音と虫の襲撃とベンチの硬さとでまどろみながら寝た
あの幻のトイレ!
道の駅「番屋」ここだったのか。

あの時、ルートは3peiさんに任せきりでしたので
どこをどう通ったのかさっぱりわからなかったのです。
とても思い出深い場所。
福島からの思わぬ土産に感動をしながら家路につくのでした。

おわり

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次