古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

関ケ原古戦場記念館に行って信長に憧れる

  • URLをコピーしました!

先日、娘の歴史の勉強のためにも家族で関ケ原古戦場に行ってきました。目指すは、関ケ原古戦場記念館。車のナビに目的地を設定して到着すると、なんか、ネットで見た記念館の風景と違うなーと思ったら、そこは笹尾山の石田三成の陣地跡。

とりあえず車から降りて付近を散策して、再び走りだし自分の感を頼りに到着したのが「桃配り山」徳川家康の陣地跡でした。

わざとやっていたわけではないけど、両陣地を見たあとは、ナビの目的地を再度設定してやっと記念館に到着しました。

記念館は2020年にできたばかりできれいな施設でした。

施設のレストランでざる蕎麦大盛とプリンパフェを注文すると娘から石田三成を見習いなさいと諭される。

先ほど立ち寄った笹尾山の陣地跡に書いてあった石田三成の逸話。

処刑される直前に三成が護送の役人に湯を頼んだところ、干し柿が出され「柿は胆の毒だ」と断り役人に笑われると三成曰く「大志を遂げようとする者は、絶命するまで自分の命を大切にしなければならない。その気持ちはわかるまい。」と語ったとのこと。

はいっ!お父さんも中性脂肪撲滅に気を付けます。

食事を済ませて、シアターに入る。このシアターが大迫力で、4Dシアターになっており騎馬の駆ける音や鉄砲の音がおしりから振動となって体中を駆け巡るのと同時に風を体に受けるため、自分が合戦場を騎馬に乗って駆け巡っている錯覚に陥ります。また、関ケ原の合戦での戦国武将たちの思惑と行動がドラマ化されており、非常にわかりやすかったです。娘も戦国時代の虜になっておりました。2階には、武将たちの書簡の展示や刀や鉄砲の重さを体感できたりとなかなか楽しめる記念館でした。外国人観光客が少ない今がゆっくり見れるチャンスだと思います。

記念館のお土産売り場でいろんな武将のグッズがあり、それらを見て自分は、やっぱり信長の生きざまが好きだな。

命ある限りバイクを楽しみたい!

家族は怒るだろうけど・・・

そう思った家族旅行でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (8件)

  • こんにちはー。
    ご無沙汰しております。
    石田三成ですか、いいですね。
    私は真田幸村が好きですね。石田も真田も徳川を相手にして戦った名将ですよね。(^^)
    真田の『関東勢百万と候え、男はひとりもなく候』は有名で、カッコいいと思いました。
    『柿は胆の毒だ』の件、1本芯の通った生き方で感心しました。(^-^)/

    • 自分も真田幸村も好きですねー。小学生のころ猿飛佐助が好きで、武田軍家臣時代から続く赤備えの甲冑には、憧れさえありました。
      時の武将には、武勇伝がたくさんありカッコいいですね。

  • 人生やりたい事がやれるとは限りませんが、悔いは残したく無いですよね
    出来れば人のために少しでも役に立つ生き方がしたいと思っております
    バイクは・・・あまり人のためには役に立ちませんけど乗りたいから乗る、これが大事(笑)

    • そうですねー、やりたいことだけやれる生き方はどこかだれかに歪が生じますよね。「人の役に立つ生き方」同感です。バイクについてもこのブログを通じて皆さんに何かのお役に立てるといいのですが・・・。今の時代、みんな動画だもんなー(笑)

  • 人生は有限。
    いつまでも若くは無いのです。得てして。昔ばなしなんかで細く長く幸せに暮らしましたとさなんて話がありますが。
    むかしむかし。バイクで足折って入院中。松葉杖で脱走して。そのまま愛車に乗って峠を攻めて幸せいっぱいでしたとさ。
    みたいな。若さ全開で厚かましく太く短くというスタンスの方に豊かさを感じざるを得ないのです。性分なんかな。(笑)

    • 数々の昔話のネタが多くて楽しすぎますな(笑)
      まだまだ、お話は続けてよ
      最近、なかなか乗りに行くチャンスがないのが悔しい限りです。

  • いつ、どうなるかわかりませんから、元気なうちにやれることをやりたいですよね。

    …当方も、妻がなかなか許しちゃくれませんが(^^)

    • そうそう、元気なうちにあっちこっちに行きたいものですねー

コメントする

目次