古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

サインハウスのSB6Xを取り付けてみた

  • URLをコピーしました!

 今年のゴールデンウィークは、立派に引きこもりました。
で、前回に続いてこんなものをチマチマしてみました。

サインハウスのB+COMです。

ONEではなくSB6Xです。

ずーっと以前に手に入れて未使用のまま倉庫で眠っていたものです。

自分の場合、音楽が聴きたいだけなのでマイクは必要ないけど
電話がかかってきたときに取れるのはありがたい。

メーカーの触れ込みでは、

「大出力D級デジタルアンプと高磁力ネオジムマグネットを採用した高音質スピーカー
左右独立したアンプとすることで、電気的な歪みの少ない明瞭なステレオサウンドを奏でます。明瞭でパワフルなアンプと高音質のスピーカーにより、低音域から高音域まで全ての領域でバランスの良いハイクオリティサウンドが体験できます。」

との頼もしいコメントです。

で、そのスピーカーがコレ

写真では、スピーカーの裏に既にベルクロを張り付けていますが
この部分もふくめ裏側は隅々までコーキングがされており
汗により金属部分がサビるのを防いでいます。
さすがサインハウス。

スポンジを含めた厚さが約15ミリ
J-Cluiseの耳の部分にぴったり収まります。

取り付けると

スピーカーから伸びてきたコードは、本体にUSB-Cで接続

ヘルメットを置いたときにコードが地面と挟まらないように工夫されています

それにしても、コードが細い
充電したりする際にこのコードを本体から外すことを考えると
いつかコードの付け根あたりが断線しそうな・・・

と言うわけで心配性で貧乏性な当方は、工具箱からこんなものを引っ張り出してきました

収縮チューブとエポキシボンド~!

これをコードに巻き付けてドライヤーで縮ませ
ボンドで固定する

完成!
意外と丈夫にできました。

音については、凄くいいー!
低音から高音まではっきりと聞こえて迫力があります。
Liveの音源だと臨場感が凄い!
以前付けていたデイトナの「聞くだけブルートゥース」+SONYスピーカーより断然に音がいい。
アンプの性能が全然違うのがわかります。

SYGN HOUSE 
 B+COM SB6X

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次