古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

Ninja1000冬のキャンプツーリング③~目指せ「ゆるキャン△」編~

  • URLをコピーしました!

2021年11月13日
全国的に一気に冷え込んだ土日
「打倒!ゆるキャン△!」を胸に秘め
意気揚々と出発したものの奥飛騨方面は
夜中に気温ー4℃雪が降ったらしく
一気に戦意喪失
「極キャン▼」を「ドタキャン」して「ゆるキャン△」に寝返った続きです

道の駅「めいほう」で奥飛騨温泉郷オートキャンプ場をドタキャンして国道256号を西へ走ります
ここからは完全ノープラン
とりあえずGooglマップを頼りに未経験の道を走る
目指すは、琵琶湖
「これでよかったんだ・・・」
「曇り空より晴天のキャンプ」
「だけど温泉が入り放題がないのは・・・」
もやもやと葛藤しながら走ると
板取川沿いの「モネの池」を超えたころから晴天に変わる

気温も12度になり紅葉がきれいな快走路が続く

暖かい日差しが射す紅葉の中にNinja1000のジェントルな排気音がこだまする

いやーっいい道です!
初めて走る道でワクワク感もある
奥飛騨温泉郷は、またの機会にしよう
あきらめがつきました
その後も「谷汲」など快走路が続き
岐阜県道40号「西美濃もみじ街道」を走る

紅葉が最高です緩いカーブが続く街道を上ると

そこには、久瀬温泉白滝の湯がありました
ちょうどお昼で空いていたので冷えた体を温めることにしました
男女別で15人ぐらいが湯船に入れる大きさで
シャワーも8器あり
ボディーシャンプー、シャンプー完備です
清掃も行き届いていて非常にきれいです

430円を払って露天風呂に入ると貸し切り状態
紅葉と小川のせせらぎの露天風呂幸せすぎです!

風呂上がりに冷たいコーヒー牛乳を飲んで
再び革ジャケットを羽織り走り出します

紅葉の満開な峠道を走り着いたのは

土倉鉱山跡です
温泉に入った時に観光マップで見つけて行ってみました

ラピュタのお城のようでロボットが出てきそう
人気スポットだそうです
自分が到着した時には誰もいませんでしたが
写真を撮っている間に車やらバイクが続々と来て
向かい側の20台ほど停めれる駐車場があッという間に満杯に

琵琶湖湖畔に着くと日差しがさらにまぶしい

琵琶湖の広さに感動しながら湖北を走っていると

赤々としたメタセコイヤがお出迎え
初めて見ましたがバイクで走るには非常に楽しい道ですね
午後4時近くに六ツ矢崎浜オートキャンプ場に着きました

入口で1500円を払ってキャンプ場内を
ジェントルな排気音を奏でて1周してみると
すでに大勢の方がくつろいでいました

フリーサイトの一番奥の方に空きがありましたので

ここをキャンプ地とする!
Ninja1000の足元に例のものを。

遂にあのしゃもじが活躍する時が来ました
リアシートに積んでいたバッグを降ろす

バッグの中には、焚火台テントコットテーブルショベル兼なた着替え
陽が傾いていますが疲れているのでゆっくりと設営

昨年購入したテントとタープが遂にデビュー
さー、ゆるキャン△の開始です

つづく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次