古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

GPZ900R ピンゲルガソリンコック装着

  • URLをコピーしました!

今回は、ガソリンコックの交換です。

ピンゲルのデュアルコックです。もちろん新品を装着です。

早速、タンクをひっくり返しつけます。

ここで、アクシデント発生です(>_<)
なんと、付属していたコックの台座?の取付けねじの2つの穴の間隔がニンジャの幅とは、合わないのです(T_T)

作業を中断し、タンクを裏返したまま車で30分かけてパーツショップに走ります。
それらしい幅のものを買ってとんぼ返りで単車のもとに戻ります。

上が新しく買ってきたものです。穴の間隔がだいぶ広くなりました。
                      さっそくタンクに合わせます。

微妙に穴の位置がずれボルトが最後まで入りません(T_T)
再度、作業を中断して今度はホームセンターに向かいリューターを買ってきます。親方日の丸<(`^´)>!!

          

削ります。

  

こんな感じに穴を広げました。

ボルトもしかっり入るようになりました。

完成です。

これでON、OFF、リザーブの切り替えができるようになりました (*^^)v
なお、リザーブにした時のガソリン容量を測ったら約2リッターでした (^^)

つづく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次