古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

GPZ900R アーシングしてみました

  • URLをコピーしました!

今回は、アーシングをしてみます。
レストアの際に、ネットで情報収集していましたらアーシングが気になりまして、早速ネットで購入しました(^^)

以前にセルの元気がなくていろいろと原因を探っていたら、セルモーターと車体本体との通電が金属表面の腐食で弱かったことが原因と判明したことがありましたので今回、試したわけです(*^_^*)

新品で500円ぐらいだったと記憶しています。製造は個人様のようで会社名はありませんでした。
同封されていた説明のとおりつないでいきます。

バッテリーのマイナス側につながっている赤色のコードがアーシングです。

エンジン後ろのウォーターパイプ左側の取付けネジに共締めします

同じくウォーターパイプ右側の取付けネジにも共締めします

さらに、ジェネレーターの取付けネジにも共締めします(^^)

以上です!(^^)!

インプレです。
明らかに、セルの回り方に元気があります!(^^)!
また、ライトも以前に比べてはっきりとした明るさになりました(^^)
さらに、エンジンの音も力強くなりトルクも少し増したのがわかりました(*^^)v
たったこれだけのことですが、変化にびっくりです(●^o^●)
年式の古い単車にはオススメだと思います (^^)/

つづく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次