古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

海水を求めてZX-9Rが走る前編

  • URLをコピーしました!

なかなか走れないまま、夏が・・・

小学生の子を持つ父親として夏休みは大変忙しく・・・
先日、家族で能登半島に旅行に行き

半島の先端付近にある道の駅「すず塩田村」に行ってきたんです。
塩作りを見てきて子供の夏休みの研究はこれに決定!

で・・・
昨日、日本の塩作りをテーマに子供とレポートを作っていたんですが
何かが足りない。
「見て、聞いた」だけでなく実際塩をつくってみましょ。
てなことでお父さん、海水と砂を採取してくる任務を授かったのです。

となれば、早朝3時に原付で自宅を出発です(^^)

倉庫に着くと砂と海水を入れるための2リットルのペットボトルを固定するためのネットが見あたらず、手間取って9Rに乗り換える頃、東の空が明るくなってくる。

とりあえず海水を求めてR41を北上(^^;)
早朝の涼しく甘い川の香りに包まれ、低い集合音を轟かせ9Rが右へ左へコーナーを駆ける
乗用車を追い越し「サンキュー」のサインで左手を挙げると
タンデムシートにくくりつけた2本のペットボトルの内、1本がスルッと後方の路面に転がっているのがミラー越しに見えた。
追い越された車にしてみるとマリオカートのバナナの皮攻撃をくらったようなもの<(_ _)>
車には当たらなかったのでよかったけど、すごく体裁が悪い(>_<)

その後は、タンデムシートに残ったペットボトルを気にしながらゆるりと白川村を走る。

朝霧の湿った木々の香りの中をドヒューと駆け上がっていく。

峠を越えて恵那に入るころ朝霧が晴れてまぶしい朝日がバイザーに差し込む。

静かな町の朝。
幸せです(*^_^*)

つづく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次