古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

新塗装ホイールで走るZX-9R

  • URLをコピーしました!

今日は、急遽、お休みをいただきまして・・・

走ってきましたよ。
あの世界最難関の「嫁公認」です。

昨晩、嫁さんと暑いだ、湿気が多いだと話していると
嫁さんが
  倉庫で寝ればいいじゃん
とのお言葉を頂戴しまして、
その言葉に0.4秒で反応して家を出て終電でZX-9Rの格納庫へGO!

午前0時、格納庫に着くと塗装したユメタマホイールを取り付ける。

一人でリアタイヤにアクスルを通すのは、非常に難しく
泣きそうになりながら悪戦苦闘。
重いし、リアキャリパーがずれるし、カラーがすぐ落ちるし
本当にこのスイングアームにホイールはまっていたのか?
と疑いたくなるほどホイールの幅がきっちり寸法。
やっとの思いでアクスルが通った時には
さすがJapanクオリティーと感心しましたよ。
リアが終われば、フロントホイールの交換。
いままで履いていたホイールからディスクプレートを
塗装したホイールに付け替えて
キャリパー外して
新ホイール入れてキャリパー付けて・・・
完成!

午前4時の出来事でした。

ちなみにホイール塗装の出来は・・・

自分だけが楽しむならいいでしょ?
的なクオリティー。
気泡、塵、ついでに取り付けるときにひっかいたキズ・・・
まっ!何となく黒く見えればよしということで・・・
ちゃんとバランサーは、元の位置に付けときました。

さて、徹夜ですが走りに行きますか。

この時間でこの明るさ。
東白川の涼しくちょっと湿った静かな空気の中を
グリーンのZX-9Rが集合音を響かせて走ります。

所々で降りて黒ホイールを遠目で観察。

新塗装のホイール
ノーマル塗装のホイール

おーっ!いい!
なんかいい。
足下が引き締まっている。
誰も通らない静かなアスファルトの上でひとりはしゃいでました(^^;)

一番大好きなこの季節、この時間。

付知峡を越える頃、気温は15度
メッシュジャケットの中はポロシャツ1枚では寒かったので
リアシート下に常備のレインウェアーの上着を着て快適に走ります。

国道256号妻籠から登りのワインディングロード。
甲高い集合音を響かせ高回転での鋭い加速を楽しむが
徹夜が効いてきてブレーキが遅れてヒヤリとすること数回。

温泉でも入って、ひと寝りしようと温泉を探すけどない・・・
昼神温泉のサークルKの女の子に聞くけど
10時からしか空いているところがないらしい。
意外でした。

やむを得ず、ヘブンス園原付近で寝る場所を探す。

あまりにも眠いので人通りの少なそうな
裏道のアスファルトの上でごろ寝。

青い空にグリーンのZX-9Rが視界に入り
川のせせらぎ
優しい風がみどりの葉を揺らす音
小鳥たちの様々な鳴き声
キーンとラジエターの鳴き声
遠のく意識の中で心地よい環境に幸せを感じながら昇天。

どれくらい寝たでしょう。
なにやら足音と子供の声。
目をつぶったまま耳を澄ますと
   近づいちゃいけません
と母親らしき人の声
その後には、
   フンフン
と鼻息。
目を開けるとそこは、村の通学路兼犬の散歩道でした。

まっ、バイクが横にあるのだから通報されることはないでしょうけど。
そう言えば20代のころ、バイク仲間達と雨の中、夜通しビーナスラインをバイクで走って
松本城の駐車場で野宿したのですが
   ピピーッピピーッ
という笛の音で目が覚めたら観光バスと客の行列に囲まれていた
なーんてことがありましたっけ。

そんな懐かしい思いを胸に園原界隈を走ります。

以前にGPZ900Rで行った富士見台を目指してみます。

看板が警告してくれているけど淡い期待を抱いて突入

当たり前ですが行けませんでした(^^;)

その後も園原を堪能する。

今日は、夏始まりの早朝とZX-9Rを堪能しました。
し・あ・わ・せ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次