古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

FCRセッティング用グッズ。GPZ900Rに車載

  • URLをコピーしました!

今回は、Ninja1000とGPZ900Rのシート下に入れてあるものを比較してみます。

こちらは、Ninja1000のシート下のスペースです。
青色のケースの中にETC本体が入っております。
その他には、ポケットティッシュが2袋入って、いっぱいです。

Ninja1000のリアシート下

こちらは、GPZ900Rのシート下スペースです。
中には、ETC本体、レインウェアのほか、

GPZ900Rのシート下

パンク修理キットのほか、以上のものが入っています。
黒色ケースの車載工具の上にある、黒色のポーチには、ラッチェット、作業用手袋などの工具が入っています。

工具類


右上のガムのケースには、900ニンジャに使われている各径のネジやナット、針金がぎっしりと詰まっています。

そして、薄緑色の袋の中身は、

FCRのメインジェットやニードル、スロージェットのセッテイングパーツとセッティングをする際に使う、工具が入っています。

FCRセッティング用セット


工具の一番右に写っているのが十徳ナイフで、

先端をかぎ型に削ってます

このように、先端を鍵型に加工してあります。
これは、FCRのジェットニードルを抜く際に、フレームが邪魔をしてペンチでは、抜きにくい3番部のジェットニードルのワッシャー部分に引っ掛けて抜くためのものです。

ジェット類などもケースに入れて持ち歩く

これで、道端でもFCRのセッティングがすべてできます。

Ninja1000には、必要ないけど、せめてレインウェアがシート下などに入ると完璧なのですが・・・。

つづく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次