古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

ZX-9Rとビーナスの青い夏

  • URLをコピーしました!

ある日のことです。

旅に出よう!
と思い立ちライコランドでXXX氏に見送られ、ユメタマが出発する。
雨が降ると分かっていながら・・・
荷物は、リアシート下に入れたレインウェアーとタオル1枚。
1台のZX-9Rが深夜の雨の山を走っていく。

今日に限って、ヘルが違うため、クリアーバイザーとピンロックシートが恨めしい

国道418号川辺町付近からで国道19号に抜けようとするが
バイパスが未完成だの工事中だので細い真っ暗な山道を行けども行けども通行止め。
真っ暗な山道は、車が通らずヘッドライトに照らされた木の陰からゾンビが出てきそうな妄想がふくらむ。
突然現れた看板に一人恐怖に絶叫する

やっとの思いで国道19号に出て北上すると豪雨
ベーパーロックありーの
対向トッラクから路面の水を思いっきり引っかけられーの
前が全く見えねーの
ねむいーの
たのむぜZX-9R!
いきなりエンジンストップとかライトが消灯なんていうトラブルだけはやめてくれ!
ただ救いは、何となくエンジンが低速から調子いいこと。

あまりの拷問により疲れ果て、深夜真っ暗な道の駅、寝覚め床の軒下のベンチでレインウェアーを着たまま睡眠タイム。

1時間ほど眠り、雨の中再出発。
目指すは、清里。
諏訪に入る頃、雨も止んできました。

道の駅小淵沢の足湯のベンチで20分くらい寝る。

雨雲まじりの空がうっすらと明るくなってくるので出発。
何年ぶりかの八ヶ岳高原ロードを走るとあちらこちらで鹿に遭遇しました。

道路から湯気が出ていて、なんか晴れそうな予感

ズボボボ
と低速で清里の町を通ります。

かれこれ、10年くらい来ていないでしょうか。

鉄道最高地点の向かい側には、石碑とトイレができていたのでびっくりです。

国道299で麦草峠を走る頃、また雨が降ってきました。

刻々と変わる山の天気がわくわくさせます。

ぬれた路面に青空が反射してまぶしかったり、また雨が降ってきたり

雨でも晴れることが分かっていますので楽しい走りです

ビーナスラインを走る頃には、強い日差しになってきました

これぞ夏!
これぞビーナスライン!

雨上がりの夏
最高のシチュエーションの中を心地よい集合音を響かせて走ります。

コーナーを気持ちよいテンポで曲がり
そしてクォーンと加速する
意のままに反応してくれるZX-9R

惚れますねー

八島湿原を一番乗り。

もうすぐ9時になるので長門牧場のソフトクリームを目指します。

ソフトクリームも一番乗り。

食べたら寝る!
その前にレインウェアーとヘルを干しておく

さわやかな木陰でひと寝り

土砂降りの中を走ってきたのが嘘のようです

そよそよとした涼しい風の中1時間ほど寝て

利休庵で朝昼兼用の食事をしたら

その後は、再びビーナスラインを満喫して

帰路に就いたのでした

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

コメントする

目次