古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

Ninja1000に冬キャンプの道具を積載してみた

  • URLをコピーしました!

先日の琵琶湖湖畔でキャンプに使用した道具と
Ninja1000への積載方法について自分の覚えとしてUP
今回の冬キャンプに持って行った道具たち

上の写真のほかに
着替え(ウォームシャツ、パンツ、靴下、タオル)折り畳みウォータータンクカメラ類のバッテリー折り畳みキーボードバイクの工具
以上をターポリンバッグ(40L)とパニアケースに分けて入れてちょうど一杯で箱もののお土産は、積載できない状態でした

パニアケースへの積載状況は
右側がこんな感じ↓

コット、チェアー、メスティン、インナーシュラフ、シュラフカバー、コーヒーカップ、バイク工具

左側はこんな感じ↓

シュラフ、バーナー、ガス、タープ&ポール、カメラバッテリーなどの電装品
冬用シュラフが結構なスペースを占領しています
(パニアケースの内容サイズなどの詳細はこちらを参考に
ターポリンバッグには、テント、テーブル×2、着替え、ショベル焚火台、チタンペグ、ライト類
ヨガマットは、リアシートとターポリンバッグの間に挟みました

以上のキャンプ道具一式の重量は30㎏から35㎏
走り出す前にNinja1000のリアが下がらないように

リアサスのプリロードをハード側に掛けてやったところハンドリングに変な挙動がなく接地感たっぷりでコーナーを曲がって行くのでアップダウンのあるくねくね道も楽しめました

ただ、フロントタイヤがなんじゃこりゃー!

てな具合で、異常に減りました

次回のキャンプに向けて軽量化をするとしたら
先日の琵琶湖キャンプで使わなかったものは ↓
バーナー&ガスボンベインナーシュラフシュラフカバー折り畳みショベル&なた風よけ板メスティン用五徳
バーナーとガスは、今回は、薪が手に入ったので焚火台の火で炊事がすべてできて使わなかったけど、

キャンプ場ではなく、野宿の場合は、薪が手に入らないことや雨の時にテント内やタープ下で料理することを想定すると省略できない

ちなみに今回、焚火台と一緒に用意したのが防炎マットとマグネシウム棒のファイヤースターター今回のキャンプではマグネシウムの棒は、疲れていたので使わず手っ取り早く着火剤で薪に火をつけましたがファイアースターターのセットに入っていた火吹き棒が思いのほか出番が多く薪の火力調整に非常に役に立ちました
あと、今回、テーブルを二つ持っていきましたので一つにするとターポリンバッグに余裕ができそうです
ほかに省略できるものといえば折り畳みショベル&なた、風よけ板メスティン用五徳でしょうか
夏であれば、結構、スペースを占有しているシュラフを省略して

インナーシュラフとシュラフカバーだけを持っていくようにすれば空いたスペースにクーラーボックスを積んでもいいかなと考えます

てなことでNinja1000へのキャンプ道具の積載について考えてみました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次