古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

BT016PRO、その後のインプレ。

  • URLをコピーしました!
画像

前回フロントタイヤを交換したのが、4000キロの時。

リアは、6500キロで交換しました。

前後とも、BT016PROです。

さて、現在走行距離は・・・

タイヤの状態は・・・

フロント 約5000km走行

CA3B0192

リア 約2500km走行

CA3B0185

フロントタイヤについては、交換後約5000キロを走ってもまだ溝が十分にあります(^.^)

BT016と比べて、明らかにライフは長くなったと思われます。

グリップについても、公道オンリーの私のヘナチョコ走りでは

016と比べて、あまり違いが分からないほどグリップしてくれます。

016に比べ、ホンの少しだけ温まるのが遅いかな?というのが素人の感想です。

もちろんコーナーも高い接地感を維持しながら走れますので楽しいです。

016の時は、フロントが2000キロを超えた位から

コーナーに突っ込むときに接地感が薄れだしてきたのを感じましたが

016PROでは、5000キロを走った現在でようやく、そのような接地感の薄れを感じるようになってきました。

「接地感の薄れ」がタイヤのサイドばかりが編摩耗することによるものなのか、

単純にサイドのコンパウンド性能が落ちてきたからなのかは、素人の私にはわかりません。

それと、私の乗り方の変化もあるかもしれません。

現在のフロントタイヤを見るとサイドもセンターも平均して減っているのが分かります。

以前は、900忍者の名残で

思いっきりコーナーに突っ込んで強めのブレーキング→コーナーリング→加速

でしたが、

Ninaja1000は、ギア比が絶妙で峠を走るときには、

スロットルを緩めて減速することで簡単にコーナリングの姿勢を作ることができることに気づきました

ですから、現在の私は

スロットルを緩めて減速→ブレーキング→コーナーリング→加速

というような、コーナーリングの工程になっています。

その違いによるライフの変化もあるかもしれませんので、その辺も考慮してご参考に・・・(^.^)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次