古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

台風一過で路面も悪化!

  • URLをコピーしました!

大型でのろまな台風がやっと消えたようですが

各地でかなりの風水害がありましたね・・・。

画像

私の好みの山間部の細い峠は、

たぶん崩落して通行止めになっているような予感。

流木、砂利、落石等、バイクにとっては命とりな要素がたくさん。

気をつけなくては。

そうそう、上の写真は、900ニンジャのフォークをZRX化した直後に走った時に、

岐阜の中津川から美濃加茂に抜ける峠道で戒めで撮ったもの。

フォークの調子とタイヤが新品だったことに気をよくして、調子こいて走っていました。

ご覧のとおり、台風の後で路面は濡れてしかもアスファルトは荒れておりました。

右にバンクしながらスロットルを開けて道を下りますと、

案の定フロントが「ガガガー」と一瞬で接地感が抜けるとともに

そのまま右に単車が倒れフロントから飛んでいきそうに・・・

「ぬ、おー」と右足をついて、何とかバランスを戻し冷や汗を流しながらバイクを止めて「助かった」とつぶやき。

フロントが滑った瞬間は、過去に経験した、「単車が横になって火花を散らしながら

路面を滑走していくシーン」が音とともによみがえり、その直後、損傷個所の見積もり合計が走馬灯のように

頭の中を駆け回りましたよ。

実を言いますと、同じことをつい数日前にNinja1000でもやりまして、

同じように滑走シーンと修理見積もりが頭の中を駆けずり回りました。

バイクは、路面に浮いた砂でも命とり。

よーく前方の路面状況を見ていなくてはと再認識しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次