古い記事に画像が消えているものがありますが、現在、修復中ですのでご了承ください。

涙の送別ツーリング

  • URLをコピーしました!

春と言えば、卒業と入学。

私も転勤が決まり明日からは新転地でおとなしくすることに。
今までの職場は、バイク仲間に囲まれバイク三昧の日々でした。
幸せな日々はそう長く続かないもので・・・。
仕事のシフトが違うため多くの仲間と一緒に走る機会が
少なくなりそう(_ _;)

と、いうことでKさんが企画してくれました
卒業送別ツー。
早朝4時30分いつもの場所に集合。

Kさんの到着を待っている間、
風駆人さんがBUELLのフロントまわりを
交換したとのことでレクチャーを受ける。

フロントのディスクを大径化して制動力をアップしたそうです。
なんでも、本日のために昨日の夜に
単車屋にBUELLを引き取りに走ったそう。
今から楽しみなのがヒシヒシと伝わってきます。

さて、Kさんがなかなか来ないので電話をしてみると
夜中にツナギを着て単車にまたがるところを奥様に
撃墜されたようで急遽欠席とのこと。
うーん、どこも似たような力関係ですな。

ということで、風駆人さん、徳ちゃん、ツブッキーの
4人で出発して、途中の道の駅でヤスが合流。

天気は、曇、気温は6℃くらい。
41号を北上して256号で妻籠を目指す。
気持よく峠を右左と駆け抜け
茶の里で休憩。

Ninja1000に履かせたパイロットパワー。
すぐに暖まり路面を食いついてくれる。
256を走るのが楽しい。

明るい所でBUELL X-1を観察。

それにしても華奢なスポークですね。
なんでもバネ下3kgの減量とのこです。
峠を走った感想は、
ヒラヒラとフロントが切れるそうで
オススメだそうです。

さらに峠を走って妻籠へ。

早朝の妻籠宿で談笑。

G.N!R(Good Ninja! Racing(勝手にお遊びで結成しました(^^ゞ))
の第一ライダーツブッキーとツナギでツーショット(^^)

盛り上がり再出発。
5台の男たちがカーンと静粛な256号を登っていく。
153号に出ると稲武方面へ。
このメンバーで走るのが楽しく、
つい脇道に反れて渓流沿いを通って151号を目指す。
その途中でヤスの単車のガスが少ないことを思い出す。
当初の予定では153を西進してひまわりの湯で
給油するつもりだった。
渓流沿いの細道でおもむろに止まって
ヤスにタンク残量を聞いてみると
案の定次のスタンドまではたどり着かない。

そこで、誰かの単車からガスを分けるわけだが
Ninja1000は、まだタンクを外したことがないので
イマイチ要領がわからない。
と、いうことでツブッキーの900ニンジャのタンクを
勝手に外す。
パワハラです^^;

不安そうなツブッキーを尻目に
ヤスのZRXにツブッキー900ニンジャのタンクから
ガソリンが注ぎ込まれていく。

程なく友情の給油を終えると
私が900ニンジャのタンクをもどす
その際、タンクを固定するボルトを1本
900ニンジャの中心部に落としてしまう
えー、めんどくさいことが嫌いな私は
ボルト回収を風駆人さんに任せ
必死でボルトを木の枝でつつく風駆人さんの姿に

アリを棒で採るチンパンジーの姿に重ねて
高笑い。
私の責任でこんな事になっているというのに・・・。
はい、最低なオヤジです(_ _;)

出発するころ雨が降り出し路面が黒色に。
本格的に降り出し、震えながらスタンドで小休止。

皆、寒い冷たいと言いながらも雨を楽しむ。

やめときゃいいのに、そこから茶臼山を制覇する。

だって、このメンバーで走れるのも今日で最後かも知れないし・・・。
皆、カッパも着ず、寒いし、前は見えないしで我慢の走りに。

帰りは冷えきった体を雨の高速で更に冷やし帰路に・・・。
それでも、私に付き合ってくれた男たちに感動し
額を伝わる雨が心なしか塩っぱい。
みなさん、お疲れ様でした。
そして、ありがとう。

犬山城でトクちゃんとお別れ。

また、いつか一緒に走れるさ・・・。

桜舞う今日このごろ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次